コピ・ルアック(Kopi Luwak)。インドネシアスマトラ島に生息するジャコウネコが生む神秘な味
55629f5b391bb3e547005109

コピ・ルアック(Kopi Luwak)。インドネシアスマトラ島に生息するジャコウネコが生む神秘な味

残り3点

¥4,000 税込

送料についてはこちら

「コピ・ルアク」というコーヒーをご存じですか? コピはインドネシア語でコーヒーの事、そしてルアク(ルアック)はインドネシアなどに生息しているジャコウネコの意味です。 映画『かもめ食堂』に登場して以来、テレビや雑誌、新聞などで取り上げられることもありますが、極めて稀少なため『幻の珈琲』とも呼ばれており、1杯8000円で飲むことができるというお店もあるようです。 一体、何がそんなに高いのでしょう?なぜ稀少なのでしょうか? 独特な味わいによる珈琲豆が持つ特性もそうなんですが、インドネシアスマトラ島に生息するジャコウネコがコーヒーの実を食べた後、排泄されたフンに含まれる消化されなかったコーヒーの実にある種子から生産されるという衝撃的な生産方法と、全て手作業による生産なので出荷される量が極めて少ないことによるのです。 今回入荷したのはマンデリンの産地であるインドネシア・スマトラ島産。 世界中のどのコーヒーよりも珍しい珍品中の珍品ともいえる独特で複雑な香味をぜひこの機会にトライしてみてください!! なぜこのようなコーヒーが生まれたのでしょう? 中世大航海時代の15世紀、インドネシアはオランダの植民地でありました。 当時、農民が作るコーヒーは、オランダの重要な輸出品として全て収奪されていたのです。 苦労して作ったコーヒーを飲むことができなかったインドネシアの農民たちは、地面に落ちているジャコウネコの排泄物の中に残っているパーチメント(コーヒーチェリーの中の種皮のついたままの種子)を拾い集め、洗浄、乾燥、脱穀して珈琲生豆にしたものを焙煎して飲んでいました。 ある日オランダ人がそのコーヒーを飲んで、普通のコーヒーとはまったく違った香りを持っていることに驚いたのです。 それ以降、この限られた量しか生産されないコーヒー豆が貴重な商品として認識されるようになりました。 コピ・ルアックの香りには、シャネルの香水にもブレンドされていると言われる麝香(ジャコウ)のサンプルの香りに近いものがあります。 この出会いを逃さず、ジャコウネコの育む珍重で神秘の味をご堪能ください。 ジャコウネコは、生物学的にはジャコウネコ科ジャコウネコで同じネコ目ではありますが、科が違うので日本で一般に知られているネコの仲間ではありません。 体長は50cm程度でも尾の長さは40cmほどもあり、木登りが得意でグレー様の色の荒い体毛に覆われ、長い鼻と鋭く短い爪の四指が特徴です。 バナナなどフルーツ、コーヒーなどの他、鶏やアヒルなどの鳥や蛇なども食べる雑食性で、農畜産物に被害を及ぼすことから現地では害獣として扱われています。 人の気配に敏感で、愛嬌のある姿とは違った野生動物です。 インドネシア・スマトラ島 北スマトラ州シディカランのワハナ農園内ではジャコウネコを飼育して『コピ・ルアック』を生産しているのです。 餌はパパイアやバナナ、コーヒーの実を与えており、熟したコーヒーチェリーは彼らの大好物のひとつで、果実部分までは消化されるものの、パーチメントと言われる外皮を被った種(=コーヒー豆の原料)は、そのまま排泄されますが、ジャコウネコの腸内消化酵素の働きや、腸内細菌による発酵によって『コピ・ルアック』独特の複雑な香味が醸し出されるのではないか、と言われています。 ワハナ農園で収穫メダン工場で精製されるのですが、作業には一切機械を用いずパーチメントを剥く工程をはじめとして全て手作業で行われており、1頭のジャコウネコから1ヶ月に回収できるコーヒー豆の量は、個体差もありますが1kg前後程度です。 こうした特性によって流通量は極めて限られており、その稀少性と話題性によって『幻の珈琲』と呼ばれているのです。 価格は生豆100gあたりの単価です。焙煎後は10~15%重量が減少しますが、8~10杯のコーヒーを淹れることができますので、パーティやお祝い、イベントなど、皆さんがお集まりの場で話題づくりにご利用ください。